大崎公園子供動物園: 2017年3月アーカイブ

子供動物園の月イチイベント「発見わくわく動物タイム」今月は「ザリガニ博士に挑戦!」というテーマで3月11日(土)に開催しました。

看板.JPGのサムネール画像外観.JPG











季節はまさに「啓蟄(けいちつ)」冬ごもりしていた生き物たちが目を覚まし活動を始める時期なのですが、度重なる寒の戻りのせいか、大崎公園周辺では生き物の活動がまだ低調です。

その中でも、ウシガエルのオタマジャクシミシシッピアカミミガメなど外来生物は早くも姿を見せ始めました。

アカミミ.JPG

ウシオタマ.JPGのサムネール画像








本当は「カエル合戦」で知られるアズマヒキガエルの産卵を紹介したかったのですが、周辺を探しても姿は見えず。ようやく見つかったこの子はまだ子供、冬眠中にたたき起こされ、すごく眠そうです。

ヒキ.JPG








カエルたちの産卵が始まりましたら、このブログでご報告します。


さて、本題の「ザリガニ博士に挑戦!」の方ですが、同イベントを昨年の6月にも実施しています。(気になる方は、過去のブログ記事を検索してみてください。)

ザリ.JPG









クイズと観察という構成・内容は一緒ですが、6月とはザリガニの"元気さ"がちょっと違います。水温が低い分、動きがスローで触りやすいので、小さなお子さんにはちょうど良さそうでした。今回で少し慣れた分、次は夏のザリガニにもチャレンジしてみて欲しいですね。

看板2.JPG

観察.JPG









次回は日(午後から、ヒツジのお話しをする予定です(悪天候時は中止)

ぜひ大崎公園へ遊びに来てください。





| | -->トラックバック(0)