大崎公園子供動物園: 2016年6月アーカイブ

子供動物園の月イチイベント「発見!わくわく動物タイム」、今月は「ザリガニ博士に挑戦!」というテーマで開催しました。

入り口.jpg








当日は入梅したのにもかかわらずまさかの真夏日、暑さの中短い時間でしたが、多くの方にご参加いただきました。

大崎公園にはザリガニが釣れる「子供釣り池」があり、お花見の頃からたくさんの家族連れで賑わっています。

釣り池.jpg釣り池1.jpg








とても身近で、実はすごく興味深い生き物「ザリガニ」について、詳しくお話をしました。

 

最初はクイズ。「ザリガニの鼻はどこ?」「アメリカザリガニはどうして日本にいるの?」など。

説明1.jpg説明2.jpg








そしてお待ちかね「ザリガニを観察しよう!」のコーナー。

最初は恐る恐る触っている子が多かった印象ですが、慣れると上手に捕まえてオスメスの違いや、ザリガニの鼻の位置などクイズで学んだポイントをマジマジと観察していました。


忘れてはいけないのが、アメリカザリガニの外来生物としての側面。かつて食用ガエルのエサにしようと人の手により連れて来られ、今度は厄介者扱いとは身勝手でザリガニも可哀相ですが、日本の水辺の生態系に深刻なダメージを与えているのも事実です。5年程度の寿命ですから、飼育されている方は、野外へは放さず最後まで面倒をみてあげてください。

持ち込み・持ち出し禁止.jpg













周辺環境の保護目的からも、大崎公園の「子供釣り池」は原則「持ち込み・持ち帰り禁止」です。

ザリガニ釣りを楽しんだ後は、持ち帰らずに池へ戻してくださいね。

 

次回の「発見!わくわく動物タイム」は79日(土)13時~1320分を予定しています。

ご来園お待ちしています。

| | -->トラックバック(0)

DSCN1552.JPG

6月26日、「本となかよし会」のみなさんとのコラボ企画として絵本のおはなし会を開催しました。

本となかよし会のみなさんはいろんな動物園で動物に関連した絵本の読み聞かせや手遊びなどの
おはなし会を行っている方々です。


大崎公園子供動物園では、去年度から2カ月に一度のペースでおはなし会を行っています。


今回のテーマは「季節のいきもの」と「動物の歯」ということで、カエルやカタツムリ、
歯にまつわるおはなしを聞いた後に実際に本物の生き物や動物の歯を見て、実感してもらいました!

DSCN1557.JPG
絵本や紙芝居を聞いたり・・・

DSCN1567.JPG

絵本の中に登場した動物たちとふれあったり・・・。


みんな楽しんでくれたかな?

次回は8月28日開催予定です。

みなさん、ぜひおこしください!

*********************************
今回のおはなし会で使用した本たち


テーマ:『季節のいきもの』

・『かたつむり』ポプラ社(狂言絵本)

・『カタツムリくん』教育画劇(紙芝居)

・『うまれたよカタツムリ』アリス館(絵本)

・『おたまさん』 長崎出版(絵本)

・「スッテンテレツク テングノメン」(手遊び)

・『おたまじゃくしのおとうさん』教育画劇(紙芝居)

・『かえるくん どっちがどっち?』アリス館(絵本)


テーマ:『動物の歯』

・「どろんこかいじゅうモクモク」(エプロンシアター)

・「シャクトリムシ」(手遊び)

・『てんとうむしのテム』童心社(紙芝居)

・『だれのは?』講談社(絵本)
・『こんにちは どうぶつたち』福音館書店(絵本)

・「デンデンムシデムシ」(手遊び)

・『みんなのほねほね』東京書店(絵本)

・『はがぬけたらどうするの?』フレーベル館(絵本)

・『ホネホネたんけんたい』アリス館(絵本)


| | -->トラックバック(0)
 6月13日(月)より、市内にある動物の専門学校(大宮国際動物専門学校)の2年生が、将来動物園での仕事を夢見て、動物飼育を学ぶために飼育実習を行っています。
DSCN1547-2.jpg
 約3週間の短い期間ですが、少しでも多くのことを学んで将来の夢の実現のために役立ててほしいと思います。
「一生懸命頑張ります!」(本人談)
 動物園は、今回のような飼育技術を学ぶ飼育実習のほかにも、高校、専門学校、大学等の様々な実習や、大学、研究機関等の調査研究に協力するなどの社会教育、科学研究などにも活用されています。
 もし、動物園で熱心に学んでいる学生等を見かけましたら、声をかけたりして応援してあげてください。

| | -->トラックバック(0)
 6月15日子供動物園のアメリカアカリスの今年生まれの子供達3頭が、初めて巣穴から外に出てきました。
DSCN1544-2-3.jpg
 夕方から30分ほど巣穴の周りをうろうろしていましたが、その後は巣穴に戻ってその日はもう出てきませんでした。その翌日からは、1日に1度か2度30分程度展示場の中を歩き回っています。
 アメリカアカリスの展示場の奥にある木の穴の奥には、巣箱が設置してあり、それが巣穴の役割を果たしています。

| | -->トラックバック(0)
6月18日(土)レッサーパンダのキキちゃんが、19回目の誕生日を迎え、19歳になりました。人間でたとえると、だいたい95歳くらいになります。
EPSON005-2.jpg
この写真は、ファンの方が撮影してくださった19歳になる少し前のキキちゃんの写真です。

誕生日当日は、遠方からもファンの方がお祝いに来て下さいました。
さらに、2名の方からはおいしそうなリンゴのプレゼントをいただきました。
IMG_0017-2.jpg
このリンゴはキキちゃんとミクちゃんの2頭で食べてもらいました。もともとリンゴは大好物ですが、この日は、特においしそうに食べている様子でした。
DSCN1539-2.jpg
キキちゃんは、19歳になった今でも動物園で元気に過ごしています。右眼や、歯、アゴに少し衰えが感じられますが、台に登るために階段を上がる姿はまだまだ元気です。
これからも少しでもキキちゃんが長生きできるようにサポートしていきたいと思います。

当日は多くの人にお祝いに来ていただきありがとうございました。
| | -->トラックバック(0)