大崎公園子供動物園の最近のブログ記事

わくわくフラミンゴ動物園

 7月14日(土)午後1時から、毎月第2土曜日の恒例「発見!わくわく動物タイム」を開催しました。

 今月のテーマは、「知って得する!?フラミンゴのお話」

 なんと、35度を超える猛暑のなか、30人近くの来園者が集まってくれました。


 そして、フラミンゴといえばこれらの疑問

  「なんで1本足で立ってるの?」

  「羽はどうして赤くなるの?」

  「曲がったくちばしにはどんな秘密があるの?」


 これらについて、実際に1本足で立ってみたり、赤くなる秘密であるオキアミ、フラミンゴ用人工飼料を
 触ってもらいながら詳しく解説。

 大人の方まで「なるほど~」と、頷きながら聞き入ってくださいました。

 今後は、少し違った目線で観察してもらえると嬉しいです...

 最後に、フラミンゴが集団で行動することを利用した「ショー」を実施。

 簡単で短時間なものでしたが、群れとなったフラミンゴが右に左に一糸乱れず優雅に舞う姿は、ご覧
    いただいた皆さんの良い思い出になったことでしょう。


 
 皆さんもぜひ夏休みを利用して、この健気で可愛らしいフラミンゴに会いにきてくださいね!

| | -->トラックバック(0)

624日(日)

子供動物園内で「おはなし会」を開催しました。

2018.6おはなし会 全景.JPGのサムネール画像












この「おはなし会」とは、ボランティアグループ「本となかよし会」と

子供動物園が協働で開催している"本の読み聞かせイベント"です。


2018.6おはなし会手遊び.JPG2018.6おはなし会絵本.JPG
 







 

さて、

今回は 午前の部のテーマが「カタツムリ

午後の部のテーマが「生き物の卵」でした

 

 

2018.6おはなし会 カタツムリ観察.jpg

2018.6おはなし会カタツムリ.JPG









午前の部の「カタツムリ」。

やはり子供たちに人気の生き物で、絵本の題材としてもたくさん

用いられています。

本物が登場したときは、みんな食い入るように見いっていました。



午後の部の「生き物の卵」。

6月は多くの生き物にとって、卵を産み育てる季節です。

メダカ、カナヘビ、カタツムリ、ハサミムシ等

本物の生きている卵をお見せしました。


ウスカワ卵.JPG

ハサミムシ卵保護アップ.JPG








   (カタツムリの卵)      (ハサミムシの母親と卵)



そして最後にスペシャルゲスト!

オシドリの卵に皆でおまじないをかけると...

孵(かえ)ったばかりのヒナが登場

今日一番の盛り上がりが見られました。

 

2018.6おはなし会オシドリ卵.JPG











2018.6おはなし会オシドリヒナ.JPG

 

 

 

 

 







次回は826()です。

夏の昼間、動物たちも暑さを避けて、水辺や木陰で休んでいます。

ということで、次回のテーマは「動物たちの休み方」です。

動物たちのかわいい寝姿が見られるかも!?

 

「おはなし会」

 〇今年は5月,6月,8月,10月実施。

 〇午前11:00/午後1:30開始。各回45分程度。

 ○申し込みや定員などはありませんので、お気軽にご参加ください。

*悪天候時は中止する場合があります。

| | -->トラックバック(0)

6月9日()は 毎月第2土曜日恒例イベント「発見!わくわく動物タイム」を開催しました。

今月のテーマは「カタツムリ」です。

アジサイとミスジマイマイ.JPG














先日関東も梅雨入りし、雨の日が大好きなカタツムリの季節がやってきました。

 

カタツムリにとって敵は暑さと乾燥。元々カタツムリはタニシやサザエなど水中の巻貝から進

して陸上に進出した生き物なので、乾燥した状態では活動できません。

 

晴れの日の日中は殻に膜を張り、体の水分の蒸発を防ぎながら、日陰や落ち葉の下などで過ご

しています。

基本夜行性なことと、カタツムリの生息数が減少傾向にあるため、「子供動物園の展示で初め

て見た」という人も最近は珍しくありません。


観察全景.jpg

観察の様子①.jpg









さて、イベントでは そんなカタツムリたちに子供も大人も興味津々


ミスジマイマイ④.JPG








ミスジマイマイは 殻の大きさが3cmほどで見ごたえ十分です。

関東在来の種類ですが、最近は本当に見かけなくなりました。


ウスカワ卵.JPG

ミスジ仔圧縮.JPG








今の時期は カタツムリたちの繁殖期でもあり、赤ちゃんも見られます。

生まれたての赤ちゃんカタツムリ(2~3mm)の小ささに みなさん驚かれていました。


もっと公園内で身近にカタツムリの姿が見られるよう、子供動物園では繁殖・育成と園内の環

境整備に取り組んでいます。


次回の発見!わくわく動物タイムは7月14日()、テーマは「フラミンゴ」です。

ぜひお楽しみに!

| | -->トラックバック(0)