西区の公園の最近のブログ記事

みなさんこんにちは。

秋葉の森総合公園の自然保護ゾーンより、

観察可能な自然について毎月情報発信しております。

5月は一年のうちで最も多様な植物の花を観察することができます。

その中で、今回ご紹介するのは、

サイハイラン」です。(5月23日撮影)

DSC_6536.JPG

ラン科の多年草で、高さ30-40㎝。

その土地の土壌の菌と共生しています。

初夏に淡い紫色の花が20本ほど下向きにつきます。

この姿が采配のようであるため、「采配蘭」といいます。

一見地味ですが、朝日などにあたると色あい美しい姿に見えます。

あと何日かは観察することができると思います。

是非お越しください。










| | -->トラックバック(0)


みなさんこんにちは。


秋葉の森総合公園の自然保護ゾーンにて観察することができる動植物について


毎月ご紹介しています。


4月はサクラの季節


というわけで、今月は3種ご紹介します。 すべてバラ科 サクラ属です。



ウワミズザクラ (上溝桜) 白いブラシのような花が特徴です。

DSC_6267ウワミズザクラ2.JPG

イヌザクラ (犬桜) 別名シロザクラ。小さくてとっても地味。
          一つ一つの形は梅のようです。

DSC_6204イヌ2.JPG

ウコンザクラ ( 鬱金桜) 確かにちょっとだけ萌黄色が「ギョイコウ」に似てますね。
                  でもこれは鬱金。こちらは栽培品種です。

DSC_6224ウコン1.JPG

秋葉の森総合公園では、季節ごと様々な動植物と出会うことができます。


ぜひお越しください。






| | -->トラックバック(0)
みなさんこんにちは。

秋葉の森総合公園より天然芝(サッカー場)の管理手法について毎月発信しています。

参考までにご覧になってください。




さて、新年度となり、様々な種の草花が開花する季節となりました。

この時期、ライグラスの生育状態はピークを迎えます。

昨年の反省から、今年は梅雨前にしっかりティフトン(夏芝)へ切り替える作戦で行きたい

と思います。




具体的に・・

・出来る限り低く刈り込む

・肥料をきらし気味に

・エアレーションを実施



これには、ライグラスのピークを制限し、ティフトンの発芽・生育を促進、また土壌が持つ様々な

問題を軽減化する意図があります。



昨年の同時期まで、ライグラスは芝丈約20ミリ程度から徐々に下げる管理をしていましたが、


今年はいきなりうちの芝刈り機の限界である10ミリにしています。


(それでも利用後の芝の品質は至って良好!)




利用の予定が一週空いているタイミングで、4月15日にエアーレーション(コアリング)を実施!



IMG_20190415_105556.jpgIMG_20190415_105956.jpg
15cmほどの深さで抜き取ってます


この後、スイーパー、肥料、目砂散布(今回なし)、散水で一連の作業は完了です。





ちなみに・・

コアリングによって抜き取った芝の破片は、園内のバーベキュー場へ持ち込み

再利用(^^)!根付くかどうか楽しみです。


IMG_20190415_112801.jpgIMG_20190415_150136 (1).jpg













| | -->トラックバック(0)