秋葉の森総合公園 グリーンキーパー日誌⑦

| | -->トラックバック(0)
みなさんこんにちは。

秋葉の森総合公園より

芝生」の管理・育成状況について毎月発信しております。


さてさて、

今回は前回告知したとおり、

ウィンターオーバーシーディング(WOS) 

の後についてレポートします。


ところで、前回のブログ掲載後、一部熱烈なファンの読者より、

専門用語が多すぎるから解説も入れてほしいな~」などと

ご意見を賜りました^^;

大変失礼いたしました。 以後気をつけたいとおもいます。



WOS とは、夏芝の上から冬芝の種をまき、育てることによって、

秋も、冬も、春先も、一年中ピッチを緑に保つ工法で、

春から夏には 今度は逆に、気候が適さなくなった冬芝を

夏芝へと切り替えたりしす(スプリング・トランジッション)。



それでは播種(種まき)の様子です。

今年は9月下旬が毎日雨。

28日だけが奇跡の(?)晴れとなりました。




作業前 

●IMG_20180928_110710⑧バーチ後.jpg












種をまき、ライグラス(冬芝)を生育させるため、

ティフトン(夏芝)をなるべく低く刈り込み、

コアリング(穴あけ)とバーチカル(間引き)で

冬芝が入り込むためのスペースをあけ、さらにはお薬を散布し、

少しの間ティフトンには寝ていてもらいます。





9月28日  播種

●IMG_20180928_094657④.jpg
IMG_20180928_104055.jpg
全面にむらなく、計画量を種まきするため、

等間隔で両端をロープでつなぎ・・

ロープを目安にまっすぐに2人連なってシーダ―を転がしていきます。


長軸方向がまき終わると今度は短軸方向でまき・・

後は機械でグラウンドならしを引っぱり、

まいた種をよく擦り込んで今日のところは終了です。

翌日は、上から目砂をして種にかぶせる予定でしたが、また雨・・

その翌日はまさかの台風24号が直撃・・!

結局、目砂作業は10月1日にずれ込みました。





その後、

10月4日(木)  発芽を確認!!

IMG_20181004_112526⑤.jpg
IMG_20181004_112543⑩.jpg 





10月5日(金)  色が濃くなってくる。
   (9/26バーチカル)      →→→   目に見えて青くなりました  
IMG_20180923_154221⑦ - コピー.jpg
       IMG_20181005_112112⑦ - コピー.jpg
        




     
10月7日(日)  薬剤散布!

    (9/28播種の日)      →→→   一面ふっさふさ 
IMG_20180928_093009.jpg
      IMG_20181007_081842⑤ - コピー.jpg



この日、液体肥料殺菌剤を散布。 

まだ赤子とも呼べる冬芝は、病気などの抵抗力がなく

予兆なしに立ち枯れたりすることがあります。

また下地のティフトンも陽が当たらない・乾かないなどによって

病気にかかることがあります。 

うちのグラウンドでは、

毎年この発芽後の殺菌剤散布は欠かせない作業としています。






10月8日(月)  初めての刈込み


IMG_20181008_132948② - コピー.jpg       IMG_20181008_104430⑩ - コピー.jpg


冬芝らしく濃淡がはっきりと出ております。

密度もかなりあり、今後の成長につれ、芽が次々に分けつします。

なので、あまり多く種を入れすぎると

ティフトンを窒息させてしまいかねません。

翌年ティフトンが出てこないなんて話はよく聞きます。



とにもかくにも、生育段階初期 のレポートでした。


まだまだ利用はおろか、刈り込みすら危ういような強度ですが、

今後の利用のためにも強い根に育ってほしいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 秋葉の森総合公園 グリーンキーパー日誌⑦

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.sgp.or.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1724