秋葉の森総合公園 自然観察記⑥

| | -->トラックバック(0)
みなさんこんにちは。

秋葉の森総合公園の「自然保護ゾーン」で観察できる植物などをひと月に一種、

ご紹介しています。 

今月は、
DSC_3741 - 小.JPG
リュウゼツラン(ユリ)科の ギボウシ です。

東アジア原産ですが、主な分布は日本 です。

やや湿った土壌を好み、林の中などに自生 ます。

夏に涼しげな花 を咲かせますが、、

今年は猛暑だったためか・・今頃になって やっと一房だけ 花を確認することできました。

これからたくさん出てきてくれることを期待します。。


さて、この植物、

日本では古くから観賞用として育てられてきましたが、

江戸時代中期 にシーボルトによってヨーロッパへ。

その後 アメリカ に広がり、現在では大変人気な植物 となり、数多くの園芸品種が作られていま

す。


装飾品の"擬宝珠" にこの花のつぼみが似るのでこの名になったといわれています。




秋葉の森公園の展示室では、これら動植物の記録を閲覧することができます。

是非ご覧ください!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 秋葉の森総合公園 自然観察記⑥

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.sgp.or.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1715