大崎公園子供動物園「発見!わくわく動物タイム」を開催しました。

| | -->トラックバック(0)

6月9日()は 毎月第2土曜日恒例イベント「発見!わくわく動物タイム」を開催しました。

今月のテーマは「カタツムリ」です。

アジサイとミスジマイマイ.JPG














先日関東も梅雨入りし、雨の日が大好きなカタツムリの季節がやってきました。

 

カタツムリにとって敵は暑さと乾燥。元々カタツムリはタニシやサザエなど水中の巻貝から進

して陸上に進出した生き物なので、乾燥した状態では活動できません。

 

晴れの日の日中は殻に膜を張り、体の水分の蒸発を防ぎながら、日陰や落ち葉の下などで過ご

しています。

基本夜行性なことと、カタツムリの生息数が減少傾向にあるため、「子供動物園の展示で初め

て見た」という人も最近は珍しくありません。


観察全景.jpg

観察の様子①.jpg









さて、イベントでは そんなカタツムリたちに子供も大人も興味津々


ミスジマイマイ④.JPG








ミスジマイマイは 殻の大きさが3cmほどで見ごたえ十分です。

関東在来の種類ですが、最近は本当に見かけなくなりました。


ウスカワ卵.JPG

ミスジ仔圧縮.JPG








今の時期は カタツムリたちの繁殖期でもあり、赤ちゃんも見られます。

生まれたての赤ちゃんカタツムリ(2~3mm)の小ささに みなさん驚かれていました。


もっと公園内で身近にカタツムリの姿が見られるよう、子供動物園では繁殖・育成と園内の環

境整備に取り組んでいます。


次回の発見!わくわく動物タイムは7月14日()、テーマは「フラミンゴ」です。

ぜひお楽しみに!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大崎公園子供動物園「発見!わくわく動物タイム」を開催しました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.sgp.or.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1669