大崎公園子供動物園「ヒツジの毛刈り実演と羊毛作品づくり」を開催しました

| | -->トラックバック(0)

415日(日)、毎年恒例の「ヒツジの毛刈りと羊毛作品づくり」を行いました。

今年は天候の悪化により開催が危ぶまれましたが、なんとか風雨も収まり、

開催することができました。


毛刈り前リョウ.JPGのサムネール画像








ヒツジは家畜として長い年月をかけ、肉や毛をとるために改良された結果、

毛が自然に生え変わらない動物となりました。

子供動物園では、暑くなる前のこの時期に、毎年毛刈りを行っています。


毛刈り1.JPG

毛刈り3.JPG








毛刈りの実演は、今年も畜産技術協会の羽鳥氏に行っていただきました。

熟練の技術で、1人でヒツジを固定して次々にバリカンを入れていきます。


毛刈り7.JPG

毛刈り8(終了).JPG








20分程度で1枚のフリースの出来上がり!

(*元々はこの状態のものがフリースと呼ばれていました)


作品づくり1.JPG

マスコット.JPG








その後、この刈りたての原毛を使った作品づくりに挑戦!

毛糸素材用の洗剤に入れると、

一瞬で脂が分解されて白くキレイな毛になります。


)つむぎ機1(モザイク処理.jpg

スピンドル.JPG








こちらはレアシープ研究会の皆さんによる「糸つむぎ実演&体験コーナー」

ヒツジの毛に少しずつ撚り(より)をかけて糸にします。

これが「毛糸」です。

細い毛も撚ることで簡単には切れない丈夫な糸になります。

セーターやマフラーの毛糸も最初はこのようにして作られるんですね。 

私たちも勉強になりました。




毛刈り後のヒツジ.JPG








そして毛刈り後のヒツジは今こんな感じ。

毎年のことながら別の生き物のようです。

 

次のお休みはぜひ、さっぱりしたヒツジたちに会いに来てください!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大崎公園子供動物園「ヒツジの毛刈り実演と羊毛作品づくり」を開催しました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.sgp.or.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/1638