緑の管理人ブログでタグ「秋葉の森」が付けられているもの

みなさんこんにちは。

秋葉の森公園の自然保護ゾーンより、毎月動植物の情報をお届けしております。

今月はこちらです!


DSC_5281ルリ.jpg
スズメ科 ルリビタキです。(メス 2月12日撮影)

ヌルデの実を食べに来ています。

オスの成鳥は鮮やかな光沢のある青色が特徴で、

身近な青い鳥として人気があります。

メスはオリーブ褐色で、目の周りに白いアイリングがあります。


青色の宝石「瑠璃(るり)」の名がつく、本種のほか、オオルリ、コルリは、

「瑠璃三鳥」と呼ばれ、その美しさに大変人気があります。

夏、高山帯で繁殖し、冬には低い山林に移ります。

群れは形成せず、単独で生活します。

比較的薄暗い場所を好むようです。




秋葉の森総合公園の展示室にて、豊かな自然環境の記録画像を、

どなたでも閲覧できます。


是非お越しください!


|
みなさんこんにちは。

秋葉の森総合公園より、天然芝サッカー場の維持管理について

毎月情報を発信しております。


さてそのサッカー場ですが、

12月をもって2月下旬までは一旦利用はお休み、

全面シート養生の期間となっております。


IMG_20190104_083301.jpg


この冬は暖冬とは言えども、

先月の中旬頃からは平年並みの気温・寒さになっております。



冬芝の生育についても、気温の低下とともに停滞し、停止しました。

そこで今月の管理のポイントとしては、

降水量が極端に少ないため、乾燥に注意し、

様子を見ながら、たま~に水やりをします。


そして下旬には一度シートを剥がして、

病害の目視点検栄養補給の肥料刈込みのお手入れ

を実施します。


昨秋以降暖かかったことや、新規採用の品種の効果などによって、

シートの下では冬芝の密度は高く

品質は比較的良い状態をキープしています。



今のところ、

春シーズンも良い状態でスタートできる見込みとなっています!


ではまた!
|
みなさんこんにちは。


秋葉の森総合公園内の「自然保護ゾーン」より、

この時期に観察できる動植物の一部を、

毎月こちらでご紹介しています。

今月はこちらです。


DSC_4973 縮小.JPG

ホオジロ科の「カシラダカ」です。(2019.1.9撮影)

全長15センチ。

オスの冠羽(かんう)が特徴で、ホオジロのメスに良く似ますが、

本種はお腹の色が白く、見分けることがきます。


食性は雑食で、昆虫や小さな種などを食べます。

ユーラシア大陸北部に分布し、冬季は中国や中央アジアへ渡りをします。


日本へは冬鳥として九州以北へ飛来します。

「ツグミ」と並んで、冬鳥として日本へ渡る個体が多い野鳥といわれます。


秋葉の森総合公園展示室では、

このように豊かな自然環境の記録を閲覧することができます。



是非ご来園ください。
|

タグ